フサイチコンコルド

フサイチコンコルドが放牧中の転倒による骨折が原因で死亡 1996年日本ダービー勝ち馬
日刊スポーツからの情報によるとフサイチコンコルドが8日、放牧中の転倒による骨折により23歳で死亡したと発表されました。
http://www.nikkansports.com/race/news/f-rc-tp0-20140910-1364602.html
フサイチコンコルドは6日の放牧中に左後ろ脚を骨折。7日朝には自力で起き上がれない状態で、最後は関係者にみとられながら息絶えた。
体質が非常に弱く、順調にレースを使えないという弱点はあったものの、1996年1月のデビューからわずか3戦目で同年の日本ダービーを制し、前年にデビュー2戦目で英ダービーを勝ったラムタラになぞらえ「和製ラムタラ」と呼ばれた。
代表産駒にはブルーコンコルドやバランスオブゲーム、オースミハルカなどがいる。
フサイチコンコルド
父:Caerleon 母:バレークイーン 母父:Sadler’s Wells
第63回日本ダービー フサイチコンコルド 動画