内田博幸

内田博幸騎手、落馬の怪我は左手尺骨遠位骨折 全治2ヶ月と診断
日刊スポーツの情報によると内田博幸騎手の落馬の怪我は左手尺骨遠位骨折、全治2ヶ月と診断と発表されました。
http://www.nikkansports.com/race/news/p-rc-tp0-20140902-1360343.html
内田博幸騎手は2014年8月31日(日)、新潟9Rでゴール前転倒で落馬し左手尺骨遠位骨折をしていた。
9月1日にあらためて検査を行い、全治約2カ月と診断された。
頭など腕以外には異常がなく、秋のG1シーズンには参戦できる見込み。
パトロールビデオ・動画