「新潟2歳ステークス 2014」の動画・結果です。新潟2歳ステークスの結果は1着:ミュゼスルタン、2着:アヴニールマルシェ、3着:ニシノラッシュ。「ミュゼスルタン」が勝利した2014年の新潟2歳ステークスの詳しい結果、動画をご覧ください。

新潟2歳ステークス 2014 ミュゼスルタン 動画・結果

2014年8月31日(日) | 2回新潟10日 | 15:45発走
第34回 新潟2歳ステークス (GIII)芝・左・外 1600m
Niigata Nisai Stakes (G3)

2014年の新潟2歳ステークスはミュゼスルタンがレコードタイムで優勝

1着 2 4 ミュゼスルタン 牡2 柴田 善臣 1.33.4 レコード
2着 4 7 アヴニールマルシェ 牡2 北村 宏司 1.33.4 ハナ
3着 1 2 ニシノラッシュ 牡2 田辺 裕信 1.33.6 1-1/4馬身
4着 5 10 コメート 牡2 嘉藤 貴行 1.33.8 1-1/4馬身
5着 1 1 ブリクスト 牡2 岩田 康誠 1.34.0 1-1/2馬身
6着 8 17 ナヴィオン 牡2 的場 勇人 1.34.1 3/4馬身
7着 2 3 カシノハリウッド 牡2 戸崎 圭太 1.34.3 1-1/4馬身
8着 7 15 ワキノヒビキ 牡2 横山 典弘 1.34.4 3/4馬身
9着 6 12 ハナモモ 牝2 蛯名 正義 1.34.5 1/2馬身
10着 4 8 ヒルノマレット 牡2 和田 竜二 1.34.6 クビ
11着 6 11 トーホウハニー 牝2 田中 勝春 1.34.9 1-3/4馬身
12着 3 6 ギンパリ 牡2 武士沢 友治 1.34.9 ハナ
13着 5 9 ディアコンチェルト 牡2 江田 照男 1.35.2 1-3/4馬身
14着 8 16 テイケイラピッド 牝2 御神本 訓史 1.35.8 3-1/2馬身
15着 7 13 ゴッドバローズ 牡2 石橋 脩 1.36.0 1馬身
16着 3 5 ラミーロ 牡2 M.エスポジート 1.36.8 5馬身
17着 7 14 コスモピーコック 牝2 柴田 大知 1.37.3 3馬身
18着 8 18 グラスエトワール 牝2 木幡 初広 1.37.8 3馬身

新潟2歳ステークス 2014 勝ち馬:ミュゼスルタン
父:キングカメハメハ 母:アスクデピュティ 母父:フレンチデピュティ
馬名由来:冠名+皇帝(アラビア語)

スポンサーリンク

動画はこちら

レース後のコメント

1着 ミュゼスルタン 柴田善臣騎手
「田辺騎手の馬ががんばっていましたが、楽に勝てると思っていました。しかし、交わしてから遊んでいましたし、外から2着馬がいい脚で来たのでヒヤッとしました。今後に向けても位置を取りに行く競馬をしたいです。素質はありますし、うまく御していければと思います」

大江原哲調教師のコメント
「久しぶりに最後まで声が出ました。体重が増えていましたが、乗り込んでいたので太いとは思っていませんでした。体型からマイルの馬だと思っていて、目標は暮れの朝日杯FSに置いています。同じ世代で戦える春までは距離を延ばすかもしれません。このレースを勝てると思っていたので、展望通りです。よく、あのゴチャついたところを出てきてくれました。騎手もしっかり乗ってくれました」

2着 アヴニールマルシェ 北村宏司騎手
「2戦目でも冷静でした。少しゆっくりのスタートでしたが、自分のリズムで上がっていきました。追い出してからもよく伸びてくれました。結果は残念でしたが、いい馬です」

3着 ニシノラッシュ 田辺裕信騎手
「新馬でいい感触があって、いい意味で力みのない馬です。あと少しでした」

4着 コメート 嘉藤貴行騎手
「評価は受けていませんが、よくがんばってくれました」

5着 ブリクスト 岩田康誠騎手
「2戦目で気が入って力みがありました。直線で伸びてから甘くなりました」

6着 ナヴィオン 的場勇人騎手
「スタートして、折り合いもピタッとついていました。いい感じで直線に向きましたが、結果としてもう1列前でもよかったのかもしれません。せっかくのチャンスだけに残念です」

9着 ハナモモ 蛯名正義騎手
「スピードはありますし、うまくやればもう少し走ってもおかしくないです」

11着 トーホウハニー 田中勝春騎手
「格好はよかったのですが、追い出してからいまひとつでした」

14着 テイケイラピッド 御神本訓史騎手
「テンションは高そうでしたが、スタートはうまかったです。3コーナーで外から来られたときについていきすぎたかもしれません」

16着 ラミーロ M.エスポジート騎手
「もう少し馬場がやわらかければよかったです。この馬のベストの距離は1400mだと思います。一生懸命走ってくれました」

http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_4101.html