ロドリゴデトリアーノ

ロドリゴデトリアーノが肺炎による呼吸不全のため死亡 エリモエクセルやスーパーホーネットの父
スポニチアネックスからの情報によるとロドリゴデトリアーノが5日、肺炎による呼吸不全のため25歳で死亡したと発表されました。
http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2014/08/05/kiji/K20140805008693160.html
ロドリゴデトリアーノの競走成績は13戦9勝。
英・愛2000ギニーや英チャンピオンSなどを制した。
引退後は1993年に日本軽種馬協会 (JBBA) で種牡馬生活を開始した。
主な産駒は
エリモエクセル(優駿牝馬、中京記念、マーメイドステークス、府中牝馬ステークス)
スーパーホーネット(スワンステークス、京王杯スプリングカップ、毎日王冠、マイラーズカップ)
ミヤギロドリゴ(福島記念)
などがいた。
2013年を最後に種牡馬を引退。JBBA静内種馬場で功労馬として余生を送っていた。