ウインバリアシオン

ウインバリアシオンが脚部不安を発症 数か月の休養が必要
競馬ラボの情報によるとウインバリアシオンが脚部不安を発症したと発表されました。
http://pc.keibalab.jp/topics/23301/
左前の腱に軽度の損傷があるとのこと。
以前の左前の屈腱炎を発症した箇所とは異なる部分で、軽度のものであるが、休養を要する見込み。
休養の期間は数か月かかる模様。
現在はノーザンファームしがらきで放牧中。
基本的には現役続行の方針だそうです。
なかなか軌道に乗れないウインバリアシオン。
また元気な姿をターフで見たいですね。
関連記事
ウインバリアシオンが左前浅屈腱炎を発症(2012年の故障)
宝塚記念 2014 ゴールドシップ 動画・結果(ウインバリアシオンは7着)