帝王賞

帝王賞 2014 ワンダーアキュート 動画・結果
2014年6月25日(水)大井 第12競走 ダート2000m(右) 天候:曇 馬場:不良
第37回 帝王賞 JpnI 4上選定馬重賞
(サラブレッド系 4歳以上 定量)賞金 1着 60,000,000円
1着 8 10 ワンダーアキュート JRA 牡 8 57.0 武 豊(JRA) 2:03:5
2着 6 7 コパノリッキー JRA 牡 4 57.0 田邊裕(JRA) 2:03:9 2馬身
3着 4 4 ソリタリーキング JRA 牡 7 57.0 福永祐(JRA) 2:04:3 2馬身
4着 2 2 ニホンピロアワーズ JRA 牡 7 57.0 酒井学(JRA) 2:04:6 1-3/4馬身
5着 6 6 シビルウォー JRA 牡 9 57.0 内田博(JRA) 2:05:3 3-1/2馬身
6着 7 9 ムスカテール JRA 牡 6 57.0 岩田康(JRA) 2:05:6 1-3/4馬身
7着 5 5 ゴールドバシリスク 船橋 牡 7 57.0 的場文(大井) 2:06:9 6馬身
8着 7 8 サイレントスタメン 川崎 牡 8 57.0 金子正(川崎) 2:07:5 3馬身
9着 8 11 グランシュヴァリエ 高知 牡 9 57.0 永森大(高知) 2:07:8 1-1/2馬身
10着 3 3 キスミープリンス 浦和 牡 6 57.0 坂井英(大井) 2:10:0 大差
中止 1 1 オオエライジン 兵庫 牡 6 57.0 下原理(兵庫)
帝王賞 2014 勝ち馬:ワンダーアキュート
父:カリズマティック 母:ワンダーヘリテージ 母父:Pleasant Tap
馬名由来:冠名+鋭い



帝王賞 2014 ~レース後のコメント~
1着 ワンダーアキュート
武豊騎手
「格別に嬉しいです。何度もこの馬で悔しい思いをしているので僕以上にスタッフの方が嬉しいのではないでしょうか。状態は良かったし、勝つチャンスはあると思っていました。いいスタートが切れて、外枠だったので内の馬の出方を見て、内の2頭が行ったのでいい形になりました。3コーナーから自分でペースを上げていくしぐさを見せたので、あまり抑えずに動いていきました。いつもどんな馬場でも、どんな競馬場でもキッチリ走ってくれる凄い馬です。」
佐藤正雄調教師
「本当にホッとしています。パドックでも返し馬でもいつもと変わらぬ感じでした。3番手の外は少し厳しいかと思いましたが、他の馬が行ってくれていくらか楽になりました。最後はこれまでの鬱憤を晴らすような素晴らしい脚でした。今後はひと休みして秋に向かうことになると思います。惜敗続きでしたが、やっと勝てて良かったです。これからも応援をお願いします。」
2着 コパノリッキー 田辺裕信騎手
「距離を心配していました。この馬場にしては流れが遅く、弱冠ムキになっていました。向正面で行った時にはハミが抜けて治まったと思ったのですが、直線ではジワジワ離される形となってしまいました。道中嚙んだのが影響したのかもしれません。」
3着 ソリタリーキング 福永祐一騎手
「早めに動いていこうと思っていたので、イメージ通りの競馬ができた。しまいも伸びており、馬は頑張っている」
4着 ニホンピロアワーズ 酒井学騎手
「これといった逃げ馬が不在で、他の馬の出方を見ながら枠なりでハナに立つ形になりました。イメージの中にあった競馬ですし、無理なく行けました。道中はリラックスしていて、コパノリッキーが来た時にも動揺しなかったので捌いて外につけました。3コーナーで手応えよく、これはあるぞという感じだったのですが、4コーナーから直線に向く前にモタモタして今ひとつ伸び切れませんでした。ハナに立ったことや道中がどうこうではなく、手応えほどピリッとしませんでした。残念です。」
5着 シビルウォー 内田博騎手
「もっと前で競馬をするつもりだったが、1コーナーで閉められてしまった」
6着 ムスカテール 岩田康騎手
「右回りは苦にしなかったが、不良馬場で出遅れたのが響いた。いい馬場ならもっとやれるはず」
 ※【競走中止】 オオエライジン(兵庫)は最後の直線で左前球節部完全脱臼を発症し、競走を中止。予後不良となった。
レース後のコメントはラジオNIKKEI様、サンケイスポーツ様より抜粋
http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_3630.html
http://race.sanspo.com/nationalracing/news/20140625/nranws14062520320026-n1.html