トウカイトリック

トウカイトリックが重度の骨折により死亡 2012年ステイヤーズSなど重賞3勝
JRAからの情報によるとトウカイトリックが16日、重度の骨折のため予後不良となり12歳で死亡したと発表されました。
http://www.jra.go.jp/news/201404/042408.html
トウカイトリックは2014年2月に引退して、京都競馬場で乗馬としてけい養されていた。
ディープインパクトと同世代で、天皇賞・春には2013年まで8年連続で出走するなど長距離戦で活躍。
天皇賞・春の誘導馬をめざしていた矢先の怪我となってしまった。
関連記事
トウカイトリックが引退 2012年ステイヤーズステークスなど重賞3勝