福永祐一騎手の怪我の詳細は右肩の靱帯断裂 全治4ヶ月 復帰時期は2016年3月頃

サンケイスポーツの情報によると2015年10月31日に落馬負傷した福永祐一騎手の怪我の詳細が発表され、脱臼した右肩の靱帯断裂、右胸骨骨折と発表されました。
落馬負傷の福永、全治4カ月…6日に手術へ

福永祐一騎手は脱臼した右肩の靱帯断裂、右胸骨骨折の怪我だった

福永祐一騎手は2015年10月31日のスワンステークスでローブティサージュに騎乗。
最後の直線で進路が狭くなり転倒、落馬。直後の診断では右肩鎖関節脱臼、右鎖骨剥離骨折と発表された。
今回精密検査をした結果、右肩の靱帯断裂、右胸骨骨折も新たに判明。全治4ヶ月と診断された。

復帰時期は未定も来年3月がめどになりそうとのこと。
肩の怪我なので、あわてずしっかり治してターフに帰ってくるのを待ちたいですね。

福永騎手のコメント
「全治はあくまで見立てですし、手術の結果でどうなるかですね。ファンの方が心配してくださっている声を伝え聞いていますし、本当にありがたいこと。しっかり治して、復帰したいと思っています」

スワンステークス2015 アルビアーノ 動画・結果

20120520 福永祐一1400勝
20120520 福永祐一1400勝 posted by (C)shuniwa

スポンサーリンク

関連記事

スワンステークス2015で福永祐一騎手が落馬・骨折 パトロールビデオ・動画あり