有馬記念で故障したリアファルの怪我は腱鞘炎と発表 復帰時期は2016年秋以降を予定

デイリースポーツの情報によると2015年12月27日に行われた有馬記念で故障を発症したリアファルの怪我の詳細が発表されました。
http://www.daily.co.jp/newsflash/horse/2016/01/03/0008692843.shtml

リアファルの怪我は左前脚のひざ裏の腱鞘炎

ファンから3番人気の支持を受け出走した有馬記念で最下位に敗れたリアファル。
レース後の診断では左肩ハ行と発表されたが、3日に栗東トレーニングセンターでエコー検査を行った結果、左前脚のひざの裏に腱鞘炎を発症していることが判明した。
今後は滋賀県のノーザンファームしがらきに放牧に出され、落ち着いた後は北海道で療養することとなった。

復帰時期は2016年秋以降になりそうとのこと。まだ4歳。一回り成長した姿を期待したいですね。

音無秀孝調教師のコメント
「まだ炎症があり、収まるまでは動かせない。おそらく復帰は秋以降になると思う」
「レース直後は浅屈腱炎だと思って引退も覚悟していたので良かった」

リアファル
リアファル posted by (C)ゆてっち

関連記事
有馬記念 2015 ゴールドアクター 動画・結果

スポンサーリンク

「リアファル」に関するTwitter