スポンサーリンク

にほんブログ村 競馬ブログへKLAN競馬ブログランキング

【福島民報杯 2016】動画・結果/シャイニープリンスが抜け出し快勝

「七夕賞 2016」の枠順、データの情報です。七夕賞のデータは枠順別や年齢別、前走のクラス別成績のものを掲載しています。当レースは2016年7月10日(日)、福島競馬場・芝2000mで開催されます。

七夕賞 2016】データ・枠順確定/前売りオッズも大混戦模様

2016年7月10日(日) | 2回福島4日 | 15:45 発走
第52回 七夕賞(GIII)芝・右 2000m
Tanabata Sho (G3)

スポンサーリンク

七夕賞の枠順が発表・ヤマニンボワラクテは4枠7番

七夕賞 2016 枠順

七夕賞の気になるデータ

七夕賞のデータです。2011年は中山競馬場で行われたため、複数の条件のデータがありますのでご注意ください。

枠順別データ

七夕賞 2016 枠順別データ
(過去9年)
内、外でそこまで大きな差はない。特にいい枠順は4枠で複勝率4割越え。逆に成績がすぐれないのは8枠で馬券内ゼロ。

年齢別データ

七夕賞 2016 年齢別データ
(過去9年)
中心は5歳、6歳が馬券になっている。4歳馬は出走数が少ないので複勝率はよく見える。

斤量別データ

七夕賞 2016 斤量別データ
(過去10年)
57kg以上の比較的重いハンデ組の健闘に注目したい。
ハンデが重いとの理由で人気が落ちているようなら狙ってみても面白い。

前走のクラス別データ

七夕賞 2016 前走のクラス別データ
(過去9年)
前走条件戦組は苦戦。今年はバーディーイーグルとルミナスウォリアーの2頭が該当するが厳しいか。
好成績なのは鳴尾記念組。成績は【2-1-0-6】となっている。
今年はメイショウナルト、マジェスティハーツ、メイショウカンパクの3頭が該当。

人気別データ

七夕賞 2016 人気別データ
(過去10年)
過去10年は1、2番人気はともに複勝率60.0%とまずまずの成績を残している。ただ3~5番人気の連対率が10%しかない。
ここから見てもハンデ戦らしく人気薄が突っ込んできている。人気薄でおすすめは7番人気で複勝率40%を残している。

前日最終オッズ(単勝・複勝)

七夕賞 2016 前日最終オッズ

1番人気はヤマニンボワラクテで5.0倍。続く人気はアルバートドックからシャイニープリンスまでが一桁オッズとなっている。

七夕賞 関連記事

【七夕賞 2016】出走予定馬・登録馬/願いをかなえる馬は

「七夕賞 2016」の出走予定馬・登録馬・参考レースの情報です。七夕賞の出走登録は18頭。シャイニープリンスやヤマニンボワラクテなどが出走予定です。七夕賞は2016年7月10日(日)、福島競馬場・芝2000mで開催されます。…

【七夕賞 2016】出走予定馬・予想オッズ/昨年はグランデッツァが2番人気で勝利

「七夕賞 2016」出走予定馬の予想オッズ情報です。七夕賞の予想オッズ・1番人気はシャイニープリンス。続く人気はヤマニンボワラクテ、アルバートドックと予想しています。当レースは2016年7月10日(日)、福島競馬場・芝2000mで開催されます。

○七夕賞の過去5年の動画・結果
2011年 勝ち馬:イタリアンレッド
2012年 勝ち馬:アスカクリチャン
2013年 勝ち馬:マイネルラクリマ
2014年 勝ち馬:メイショウナルト
2015年 勝ち馬:グランデッツァ

七夕賞 関連記事

【サマー2000シリーズ 2016】昨年はダービーフィズが15点を獲得し総合優勝

全5戦で行われる2016年「サマー2000シリーズ」。サマー2000シリーズは2016年で第11回を迎え、昨年はダービーフィズが15点を獲得し総合優勝馬に輝いた。昨年の結果、2016年のポイントランキングをチェックしてみよう。 【 サマー2000シリーズ 2016 】昨年はダービーフィズが15点を獲得し総合優勝 …

シャイニープリンス17度目重賞、初V願う/七夕賞|極ウマ・プレミアム

重賞初Vを狙うシャイニープリンス(撮影・酒井清司)  悲願の重賞制覇へ、古豪の「願い事」は届くのか。七夕賞(G3、芝2000メートル、10日=福島)に出走するシャイニープリンス(牡6、栗田博)は、今回が17度目の重賞挑戦だ。6度も掲示板に載っているが、いまだ戴冠には至らず。栗田博師も「もう少し頑張ってくれればいいんだけど」。重賞級の力を感じているだけに、何とかしたい。 …

【七夕賞】ボワラクテの鞍上・藤懸悲願へあと一歩/デイリースポーツ online

「七夕賞・G3」(10日、福島)  「重賞を勝てますように」。七夕の7日、デビュー6年目の藤懸に、短冊に書き込む言葉を聞くとそう返ってきた。コンビを組むヤマニンボワラクテはまさしく最高のパートナー。これまで全5勝を自らの手綱で挙げており、重賞でもAJCC5着、中日新聞杯4着と、あと一歩のところまで迫っている。 …