競馬の魅力 アイキャッチ 3

ペガサスワールドカップ 2017】世界最高賞金額・総額1200万ドルになるレースが誕生

日刊スポーツの情報によると2017年1月28日にアメリカ・ガルフストリームパーク競馬場で世界最高賞金額・総額1200万ドルになるペガサスワールドカップが行われると発表されました。

世界最高賞金額1200万ドルのレースが米国で創設|極ウマ・プレミアム

世界最高賞金額となる総額1200万ドル(約13億2000万円)のレースが米国で創設されることが11日(日本時間12日早朝)、主催者から発表された。名称は「ペガサスワールドC」で、来年1月28日にガルフストリームパーク競馬場のダート1800メートルで第1回が開催される。格付けや1着賞金は発表されていない。 …

世界最高賞金額・総額1200万ドルになるペガサスワールドカップが開催へ

アメリカで世界最高賞金額のレースとなる「ペガサスワールドカップ」が2017年から開催されることが発表された。賞金総額は1200万ドル。現時点での最高賞金額のレースはドバイワールドカップで総額1000万ドルになっていてこの賞金額を200万ドル上回ることとなる。

ペガサスワールドカップのシステムはユニークで、出走馬12頭の関係者はそれぞれ出走料100万ドル(1億1000万円)を支払う代わりに、レース収益の一部の分配、出走権の売却などの権利を得られる。

出走条件が変わっているので日本馬が挑戦するかはわからないものの、注目を集めるレースとなりそうです。

スポンサーリンク

関連記事

【ドバイワールドカップ 2016】動画・結果/カリフォルニアクロームが独走・ホッコータルマエは9着

「ドバイワールドカップ 2016」の動画・結果です。ドバイワールドカップの結果は1着:California Chrome(カリフォルニアクローム)、2着:Mubtaahij、3着:Hoppertunity。日本から挑戦したホッコータルマエは9着でした。「カリフォルニアクローム」が勝利したドバイワールドカップの詳しい結果、動画をご覧ください。…