スポンサーリンク

2017年3月5日に中山競馬場で行われる皐月賞への最重要ステップレース「弥生賞」。弥生賞は2017年で第54回を迎え、豪華メンバーが予想される。2017年はカデナが人気に答え勝利した。動画・結果・出走予定馬・予想オッズ・賞金・日程・昨年の結果などをチェックしてみよう。

弥生賞 2017】動画&結果/カデナが勝利しクラシックに名乗りを挙げる

スポンサーリンク

2017年・弥生賞

結果&動画
2017年の弥生賞を制したのは「カデナ(Cadenas)」。スローペースの一戦を差し切り勝ち。春のクラシックに名乗りを挙げた。
結果や動画はこちらの記事をご覧ください↓

【弥生賞 2017】動画・結果/カデナが差し切り重賞連勝 | 競馬の魅力

「弥生賞 2017」の動画・結果です。弥生賞の結果は1着:カデナ、2着:マイスタイル、3着:ダンビュライト。「カデナ」が勝利した2017年の弥生賞の詳しい結果、動画をご覧ください。

データ・枠順
2017年・弥生賞のデータ・枠順に関する記事を公開しました。データは枠順別や脚質別、前走のクラス別成績のものを掲載しています。
こちらの記事をご覧ください↓

【弥生賞 2017】データ・枠順/データから見える好走馬は | 競馬の魅力

「弥生賞 2017」の枠順、データの情報です。弥生賞のデータは枠順別や脚質別、前走のクラス別成績のものを掲載しています。弥生賞は2017年3月5日(日)、中山競馬場・芝2000mで開催されます。

出走予定馬・有力馬候補

2017年の弥生賞候補をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

・カデナ(Cadenas)

カデナ・3歳牡馬
父:ディープインパクト
母:フレンチリヴィエラ
母父:フレンチデピュティ
主な勝鞍:2016年・京都2歳S
馬名の由来:南京錠(仏)

これまでの4戦すべてで上り最速をマークするほどのキレキレの末脚の持ち主のカデナ。中でも京都2歳ステークスでは大外を回りながら他馬を一気にかわし重賞初制覇を果たした。初の中山競馬場をこなせるかがポイントだ。

・コマノインパルス(Komano Impulse)

コマノインパルス・3歳牡馬
父:バゴ
母:コマノアクラ
母父:フジキセキ
主な勝鞍:2017年・京成杯
馬名の由来:冠名+衝撃的な走りを

同じ舞台で行われた京成杯では着差以上の強さで勝ち上がってきた。地味な血統ながら力は本物。レイデオロと接戦を演じているだけにライバルがいないこの舞台では結果を求めたい。

・グローブシアター(Globe Theatre)

グローブシアター・3歳牡馬
父:キングカメハメハ
母:シーザリオ
母父:スペシャルウィーク
主な勝鞍:2016年・2歳新馬戦
馬名の由来:シェークスピアの作品の多くを初演した劇場

良血馬・グローブシアターがクラシックに乗るためにもここで賞金加算が必須になる。大舞台での活躍のために取りこぼしは許されない。

・ダイワキャグニー(Daiwa Cagney)

ダイワキャグニー・3歳牡馬
父:キングカメハメハ
母:トリプレックス
母父:サンデーサイレンス
主な勝鞍:2017年・セントポーリア賞
馬名の由来:冠名+人名より

デビューから2戦2勝のダイワキャグニー。先行抜け出しの戦法で活躍している。しぶとくいい脚が使えて、中山競馬場は合いそうな感じがする。

・ブレスジャーニー(Bless Journey)

ブレスジャーニー・3歳牡馬
父:バトルプラン
母:エルフィンパーク
母父:タニノギムレット
主な勝鞍:2016年・東スポ2歳S
馬名の由来:旅を祝福する

デビュー戦こそ2着に敗れたが、その後は重賞2勝を含む3連勝と勢いのあるブレスジャーニー。前走の東京スポーツ杯2歳ステークス後はクラシックを見据え休養していた。クラシックに十分乗れる賞金を持っているが、ここでも結果を求めていきたい。

・マイスタイル(My Style)

マイスタイル・3歳牡馬
父:ハーツクライ
母:ファーストナイナー
母父:フォーティナイナー
主な勝鞍:2017年・こぶし賞
馬名の由来:私の生き方

・ベストアプローチ(Best Approach)

ベストアプローチ・3歳牡馬
父:New Approach
母:Sant Elena
母父:Efisio
主な勝鞍:2016年・2歳新馬戦
馬名の由来:最良の方法

他にも

  • サトノマックス
  • サンライズソア
  • スマートエレメンツ
  • ダンビュライト
  • ディアシューター
  • バリングラ
  • キャッスルクラウン

が出走予定です。

主な回避馬

・レイデオロ(Rey de Oro)

ソエの影響で皐月賞へ直行

レイデオロ・3歳牡馬
父:キングカメハメハ
母:ラドラーダ
母父:シンボリクリスエス
主な勝鞍:2016年・ホープフルS
馬名の由来:黄金の王(西)。父名、母名より連想

・キングズラッシュ(King’s Rush)

爪の不安のため回避

キングズラッシュ・3歳牡馬
父:ルーラーシップ
母:リコリス
母父:シンボリクリスエス
主な勝鞍:2016年・芙蓉ステークス
馬名の由来:王さまの奮闘

・マイネルスフェーン(Meiner Sphene)

故障によりトライアルを回避。皐月賞も微妙な状況。

マイネルスフェーン・3歳牡馬
父:ステイゴールド
母:マイネジャーダ
母父:ジェイドロバリー
主な勝鞍:2016年・2歳未勝利戦
馬名の由来:冠名+チタナイトと呼ばれる宝石。母名より連想

出走予定馬・想定騎手
2017年・弥生賞の出走予定馬・想定騎手に関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや参考レース・追い切りタイムも書いております。
こちらの記事をご覧ください↓

【弥生賞 2017】出走予定馬・想定騎手/春の主役候補は誰だ | 競馬の魅力

「弥生賞 2017」の出走予定馬・想定騎手の情報です。弥生賞の出走登録は15頭。カデナやコマノインパルスなどが出走予定です。弥生賞は2017年3月5日(日)、中山競馬場・芝2000mで開催されます。 【弥生賞 2017】出走予定馬・想定騎手/春の主役候補は誰だ 2017年3月5日(日) | 2回中山4日 | 15:45 発走 第54回 弥生賞(GII)芝・右 2000m Hochi Hai Yayoi Sho(Japanese 2000 Guineas Trial) (G2)

スポンサーリンク

予想オッズ

予想オッズ(カッコ内はオッズ)

  1. カデナ(2.0)
  2. コマノインパルス(3.0)
  3. グローブシアター(4.5)
  4. ダイワキャグニー(6.0)
  5. ダンビュライト(9.0)
  6. サトノマックス(15.0)
  7. マイスタイル(20.0)
  8. ベストアプローチ(25.0)
  9. ディアシューター(☆)
  10. テーオーフォルテ(☆)
  11. スマートエレメンツ(☆)
  12. キャッスルクラウン(☆)

☆印は50倍以上と予想

予想オッズ
2017年・弥生賞の予想オッズに関する記事を公開しました。記事には人気別データやオッズデータも書いております。
こちらの記事をご覧ください↓

【弥生賞 2017】予想オッズ/カデナが人気の中心 | 競馬の魅力

「弥生賞 2017」の予想オッズの情報です。弥生賞の予想オッズ・1番人気はカデナ。続く人気はコマノインパルス、グローブシアターと予想しています。弥生賞は2017年3月5日(日)、中山競馬場・芝2000mで開催されます。

日程・賞金

第54回 弥生賞(Hochi Hai Yayoi Sho)
2017年3月5日(日)中山競馬場
格:G2 1着本賞金:5,400万円
年齢:3歳 距離:2,000m(芝・右)

弥生賞は3着までの馬に皐月賞の優先出走権が付与されるトライアル戦。本番の皐月賞と同じコースで行われるため例年有力馬が多く参戦する。

過去には後の3冠馬ミスターシービーやシンボリルドルフ、ディープインパクトが弥生賞を制していた。近年では、アドマイヤムーンやヴィクトワールピサ、サトノクラウンが海外のG1を制したり、ロジユニヴァースやマカヒキがその年のダービー馬になった。

2016年の弥生賞をプレイバック

2016年3月6日(日)弥生賞 (GII)
1着 マカヒキ 牡3 C.ルメール 1.59.9
2着 リオンディーズ 牡3 M.デムーロ 1.59.9 クビ
3着 エアスピネル 牡3 武 豊 2.00.2 2馬身
4着 タイセイサミット 牡3 内田 博幸 2.01.1 5馬身
5着 アドマイヤエイカン 牡3 岩田 康誠 2.01.2 3/4馬身

【弥生賞 2016】動画・結果/三強の激戦はマカヒキに軍配

「弥生賞 2016」の動画・結果です。弥生賞の結果は1着:マカヒキ、2着:リオンディーズ、3着:エアスピネル。「マカヒキ」が勝利した弥生賞の詳しい結果、動画をご覧ください。