スポンサーリンク

2017年4月2日に阪神競馬場で行われる新設G1「大阪杯」。2017年で第61回を迎え、初代G1の座を狙い豪華メンバーが集結する。昨年はアンビシャスが制した。2017年・大阪杯の動画・結果・出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金などをチェックしてみよう。

大阪杯 2017】動画&結果/キタサンブラックが他馬をねじ伏せ完勝

スポンサーリンク

2017年・大阪杯

結果&動画
2017年の大阪杯を制したのは「キタサンブラック(Kitasan Black)」。早め先頭に立ち、他馬をねじ伏せるように勝利した。まさに完勝の内容だった。
結果や動画はこちらの記事をご覧ください↓

【大阪杯 2017】動画・結果/キタサンブラックが初代王者に輝く | 競馬の魅力

「大阪杯 2017」の動画・結果です。大阪杯の結果は1着:キタサンブラック、2着:ステファノス、3着:ヤマカツエース。「キタサンブラック」が勝利した2017年の大阪杯の詳しい結果、動画をご覧ください。 【大阪杯 2017】動画・結果/キタサンブラックが初代王者に輝く 2017年4月2日(日) | 2回阪神4日 | 15:40 発走 第61回 大阪杯(GI)芝・右 2000m Osaka Hai (G1)

【大阪杯 2017】パトロールビデオ・レース後のコメント/武豊「出るレースは全て勝ちたい」 | 競馬の魅力

「大阪杯 2017」のパトロールビデオ・レース後のコメントです。大阪杯の勝ち馬は1番人気のキタサンブラック、勝利騎手は武豊騎手、勝ちタイムは1:58.9でした。 …

データ・枠順
2017年・大阪杯のデータ・枠順に関する記事を公開しました。データは枠順別や年齢別、脚質別成績のものを掲載しています。
こちらの記事をご覧ください↓

【大阪杯 2017】データ・枠順/新しいG1に名を刻むのは | 競馬の魅力

「大阪杯 2017」の枠順、データの情報です。大阪杯のデータは枠順別や脚質別、年齢別成績のものなどを掲載しています。大阪杯は2017年4月2日(日)、阪神競馬場・芝2000mで開催されます。 【大阪杯 2017】データ・枠順/新しいG1に名を刻むのは 2017年4月2日(日) | 2回阪神4日 | 15:40 発走 第61回 大阪杯(GI)芝・右 2000m Osaka Hai (G1)…

出走予定馬・有力馬候補

2017年の産経大阪杯候補をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

・キタサンブラック(Kitasan Black)

1週前追い切り:栗東・CW・重
6F 78.3-3F 37.2-1F 12.1

清水久調教師(1週前追い切りを終えて)
「仕上がりはいいです。過去の休み明けと比較してもいいと思います。デビューからずっと決めたところを使えて、ずっと結果を出してくれている。本当に凄いことです」

最終追い切り:栗東・CW・良
6F 83.7-3F 38.7-1F 11.9

調教パートナーの黒岩騎手(最終追い切りを終えて)
帰厩してからのテンションが高めだったけど、ここにきて落ち着いてきたのはいい材料。今朝もいつも通りしまい重点で反応も良く、いい状態で出走できそう」

キタサンブラック・5歳牡馬
父:ブラックタイド
母:シュガーハート
母父:サクラバクシンオー
主な勝鞍:2016年・ジャパンC
馬名の由来:冠名+父名の一部

昨年の大阪杯は2着に敗れるも斤量差があり、負けて強しの内容だった。古馬トップクラスの実力は皆が認めるところ。初代王者に名を刻みたい。

・アンビシャス(Ambitious)

1週前追い切り:栗東・坂路・重
800m 52.1-600m 37.5-200m 12.8

蛭田助手(状態について)
「いつもシャキシャキしているので上積みは分かりづらいけど1回使った分、2走目の方が脚を使えると思います。精神的に大人になって以前より落ち着きがあるし、状態は言うことなしです」

最終追い切り:栗東・坂路・良
800m 51.6-600m 38.3-200m 12.8

福永騎手(最終追い切りを終えて)
「稽古はいつもこんな感じみたい。前半に出して行くと、かみそうだけど、いじらなければ大丈夫という感じ」

アンビシャス・5歳牡馬
父:ディープインパクト
母:カーニバルソング
母父:エルコンドルパサー
主な勝鞍:2016年・大阪杯
馬名の由来:大望のある

前年の覇者のアンビシャス。1800~2000mの距離がベストなのだろう。まさにアンビシャスのために大阪杯がG1に格上げになったといっても過言ではないかもしれない。このチャンスを逃せない。

・マカヒキ(Makahiki)

1週前追い切り:栗東・CW・重
7F 94.3-3F 37.5-1F 12.3

大江助手(1週前追い切りを終えて)
「向正面は行きたがっていたが、我慢が利いていた」
「やればやるだけ稽古で時計は出るけど体の成長に合わせて、やっています。しっかり動けているし、状態は上向いていますよ」

最終追い切り:栗東・坂路・良
800m 51.6-600m 37.5-200m 12.3

ルメール騎手(最終追い切りを終えて)
「反応も良くて、とてもいい状態。休み明けの京都記念(3着)を使って、状態も良くなっているかもしれない。乗るのは久しぶり。また、乗れてうれしいです。G1なので素晴らしいメンバーが集まったけど、マカヒキも日本ダービーを勝った馬。能力はあるし、チャンスはある。応援してください」

マカヒキ・4歳牡馬
父:ディープインパクト
母:ウィキウィキ
母父:フレンチデピュティ
主な勝鞍:2016年・日本ダービー
馬名の由来:ハワイの収穫祭

昨年のダービー馬・マカヒキ。最強世代と噂された現4歳馬の代表格。勝ってサトノダイヤモンドとの差を縮めたい。

・サトノクラウン(Satono Crown)

1週前追い切り:美浦・南W・稍重
6F 84.1-3F 38.8-1F 12.6

森助手「2週前までは動きに重いところがあったが、前走より絞れて上向いている」

最終追い切り:美浦・南W・良
4F 54.2-3F 40.0-1F 12.6

橋本助手(最終追い切りを終えて)
「勝った後も順調。硬くなりやすい馬だけど、先週しっかりやっても、硬くなっていないからね。体の張りも良くなっているし、文句ない仕上がりだよ。体重は減っているだろうけど、絞れたもので何も問題ない」

サトノクラウン・5歳牡馬
父:Marju
母:ジョコンダII
母父:Rossini
主な勝鞍:2016年・香港ヴァーズ
馬名の由来:冠名+王冠

絶好調の「サトノ」軍団からサトノクラウンが参戦する。現在香港ヴァーズ、京都記念と重賞連勝中。特に京都記念ではスマートレイアーやマカヒキといった強敵相手に完勝だった。まだ手にしていない国内G1タイトルを狙う。

・ステファノス(Staphanos)

藤野助手
「1回使うとおとなしくなって動じなくなるし、体がギュッと締まる感じ。しんどい部分が解消するんでしょう」

最終追い切り:栗東・CW・良
5F 65.4-3F 36.4-1F 12.1

藤原英調教師(最終追い切りを終えて)
「良かったな。勝負するつもりで仕上げてきたし、いつもの上昇曲線を描いてくれている。いい状態、いい雰囲気で出走できそう。走れる条件は揃っているし、相手は強いが、付け入る隙はある」

ステファノス・6歳牡馬
父:ディープインパクト
母:ココシュニック
母父:クロフネ
主な勝鞍:2014年・富士S
馬名の由来:冠(ギリシャ語)。母母名より連想

G1勝ちこそないもののG1での好走は数多い。それも国内外を問わない。そろそろビッグタイトルを取りたいところだ。

・ヤマカツエース(Yamakatsu Ace)

池添兼調教師(状態について)
「前走の勝ち方が良かったからね。他の馬より1キロ余計に背負い(別定57キロ)ながら、オッと思わせる内容だった。馬体も増えて理想の体つきに。年度代表馬やダービー馬相手にどこまでやれるか、楽しみだ」

最終追い切り:栗東・CW・良
6F 80.3-3F 37.7-1F 11.9

池添騎手(最終追い切りを終えて)
「今朝は、しまいをしっかり伸ばしてくれという指示。いいフットワークで走れていたし、息遣い、動きとも良かった。立て直された去年の暮れから、一気に馬が良くなった。完成の域に入ってきたと思う。GIII、GIIとタイトルを積み重ねてきた。この馬にとって、あとはGIだけ。父の管理馬とGIを勝つのは僕の長年の夢。しっかり乗って、一緒にタイトルを取りたい」

ヤマカツエース・5歳牡馬
父:キングカメハメハ
母:ヤマカツマリリン
母父:グラスワンダー
主な勝鞍:2017年・金鯱賞
馬名の由来:冠名+第一人者、最高、最高の存在

金鯱賞連覇など重賞を5勝しているもののG1タイトルには手が届いていない。得意の中距離戦で大物食いを狙う。

・ミッキーロケット(Mikki Rocket)

1週前追い切り:栗東・坂路・重
800m 51.3-600m 36.9-200m 12.3

最終追い切り:栗東・坂路・良
800m 52.4-600m 37.4-200m 12.1

和田騎手(最終追い切りを終えて)
「もたれる面はあったが、そういうところを含めてもいつ通り。今回はスタートも出ると思います」

ミッキーロケット・4歳牡馬
父:キングカメハメハ
母:マネーキャントバイミーラヴ
母父:Pivotal
主な勝鞍:2017年・日経新春杯
馬名の由来:冠名+ロケット

・サクラアンプルール(Sakura Empereur)

1週前追い切り:美浦・南W・稍重
5F 69.3-3F 39.1-1F 13.2

金成調教師
「輸送がうまくいくかが鍵」

最終追い切り:美浦・南W・稍重
6F 86.4-3F 39.2-1F 12.6

金成調教師(最終追い切りを終えて)
「馬場が荒れた時間帯を考えれば上々の時計。輸送は大丈夫。今後の糧となるようなレースができればいいね」

サクラアンプルール・6歳牡馬
父:キングカメハメハ
母:サクラメガ
母父:サンデーサイレンス
主な勝鞍:2016年・美浦S
馬名の由来:冠名+皇帝(仏)

・モンドインテロ(Mondo Intero)

1週前追い切り:美浦・南W・稍重
5F 66.8-3F 38.3-1F 12.8

手塚調教師
「阪神は初めてだけど、京都で実績があるので遠征競馬はOK。相手は強くなるが、この馬も充実してきている。持久力が生きる形なら」

最終追い切り:美浦・南W・稍重
5F 69.0-3F 38.3-1F 13.0

内田博騎手(最終追い切りを終えて)
「反応を見る内容だったが、輸送もあるからこれで十分。二千はこなせそう。強敵相手にどれだけやれるかですね」

モンドインテロ・5歳牡馬
父:ディープインパクト
母:シルクユニバーサル
母父:ブライアンズタイム
主な勝鞍:2016年・メトロポリタンS
馬名の由来:ユニバーサル、世界中(伊)。母名より連想

・マルターズアポジー(Maltese Apogee)

米良助手
「前走は短期放牧でリフレッシュ。前走が強い勝ち方だったし、ここに来て馬が成長している。1週前(23日)の動きも良かった」

最終追い切り:美浦・南W・稍重
5F 68.4-3F 38.3-1F 12.5

マルターズアポジー・5歳牡馬
父:ゴスホークケン
母:マルターズヒート
母父:Old Trieste
主な勝鞍:2017年・小倉大賞典
馬名の由来:冠名+最高点

他には
・ディーマジェスティ(日経賞に出走)
・ディサイファ
・ロードヴァンドール
・スズカデヴィアス
・アングライフェン
が出走登録を済ませております。

・主な回避馬

・サトノダイヤモンド(Satono Diamond)

阪神大賞典から天皇賞春へ

サトノダイヤモンド・4歳牡馬
父:ディープインパクト
母:マルペンサ
母父:Orpen
主な勝鞍:2016年・有馬記念
馬名の由来:冠名+宝石名。流星の形から連想

・リアルスティール(Real Steel)

中山記念からドバイ遠征を予定

リアルスティール・5歳牡馬
父:ディープインパクト
母:ラヴズオンリーミー
母父:Storm Cat
主な勝鞍:2016年・ドバイターフ
馬名の由来:アメリカのSFアクション映画名

・ディーマジェスティ(Dee Majesty)

日経賞へ向かう予定

ディーマジェスティ・4歳牡馬
父:ディープインパクト
母:エルメスティアラ
母父:ブライアンズタイム
主な勝鞍:2016年・皐月賞
馬名の由来:父名より+威厳

・ネオリアリズム(Neorealism)

香港のレースに登録あり

ネオリアリズム・6歳牡馬
父:ネオユニヴァース
母:トキオリアリティー
母父:Meadowlake
主な勝鞍:2017年・中山記念
馬名の由来:新現実主義。父、母名より連想

出走予定馬・想定騎手
2017年・大阪杯の出走予定馬・想定騎手に関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや参考レース・詳しい追い切りタイムも書いております。
こちらの記事をご覧ください↓

【大阪杯 2017】出走予定馬・想定騎手/豪華メンバーが花を添える | 競馬の魅力

「大阪杯 2017」の出走予定馬・想定騎手の情報です。大阪杯の出走登録は15頭。キタサンブラックやマカヒキなどが出走予定です。大阪杯は2017年4月2日(日)、阪神競馬場・芝2000mで開催されます。 【大阪杯 2017】出走予定馬・想定騎手/豪華メンバーが花を添える 2017年4月2日(日) | 2回阪神4日 | 15:40 発走 第61回 大阪杯(GI)芝・右 2000m Osaka Hai (G1)…

大阪杯・前哨戦

2016年12月25日(日)有馬記念(GI)

1着:サトノダイヤモンド
2着:キタサンブラック
3着:ゴールドアクター
タイム:2.32.6 馬場:良

【有馬記念 2016】動画・結果/サトノダイヤモンドがグランプリを制する

2017年1月17日(火)日経新春杯(GII)

1着:ミッキーロケット
2着:シャケトラ
3着:モンドインテロ
タイム:2.25.7 馬場:稍重

【日経新春杯 2017】動画・結果/ミッキーロケットが火花散る接戦を制する

2017年2月12日(日)京都記念(GII)

1着:サトノクラウン
2着:スマートレイアー
3着:マカヒキ
タイム:2.14.1 馬場:稍重

【京都記念 2017】動画・結果/サトノクラウンがライバルを下し連覇達成

2017年2月19日(日)小倉大賞典(GIII)

1着:マルターズアポジー
2着:ヒストリカル
3着:クラリティスカイ
タイム:1.45.8 馬場:良

【小倉大賞典 2017】動画・結果/マルターズアポジーが逃げ切りV

2017年2月26日(日)中山記念(GII)

1着:ネオリアリズム
2着:サクラアンプルール
3着:ロゴタイプ
タイム:1.47.6 馬場:良

【中山記念 2017】動画・結果/ネオリアリズムが抜け出し重賞2勝目を挙げる

2017年3月11日(土)金鯱賞(GII)

1着:ヤマカツエース
2着:ロードヴァンドール
3着:スズカデヴィアス
タイム:1.59.2 馬場:良

【金鯱賞 2017】動画・結果/ヤマカツエースが差し切り連覇達成

スポンサーリンク

予想オッズ

予想オッズ(カッコ内はオッズ)

  1. キタサンブラック(2.0)
  2. サトノクラウン(4.0)
  3. マカヒキ(4.5)
  4. アンビシャス(8.0)
  5. ミッキーロケット(13.0)
  6. ヤマカツエース(15.0)
  7. ステファノス(20.0)
  8. サクラアンプルール(30.0)
  9. スズカデヴィアス(35.0)
  10. モンドインテロ(45.0)
  11. マルターズアポジー(☆)
  12. ディサイファ(☆)
  13. ロードヴァンドール(☆)
  14. アングライフェン(☆)

☆印は50倍以上と予想

海外のブックメーカー(Bet365)でも大阪杯のオッズが出ております。
海外での1番人気はキタサンブラックとなっており、その後はマカヒキ、サトノクラウンが続いています。
日本のオッズとの違いや、世界の競馬ファンの視点からも楽しめそうです。

ブックメーカーオッズ

  1. キタサンブラック(2.25)
  2. マカヒキ(4.5)
  3. サトノクラウン(5.0)
  4. ヤマカツエース(10.0)
  5. アンビシャス(10.0)
  6. ミッキーロケット(13.0)
  7. ステファノス(17.0)
  8. マルターズアポジー(51.0)
  9. サクラアンプルール(51.0)
  10. ロードヴァンドール(67.0)
  11. ディーマジェスティ(67.0)
  12. スズカデヴィアス(101.0)
  13. ディサイファ(101.0)
  14. モンドインテロ(101.0)
  15. アングライフェン(101.0)

Bet365参照・3月28日現在

予想オッズ
2017年・大阪杯の予想オッズに関する記事を公開しました。記事には人気別データやオッズデータも書いております。
こちらの記事をご覧ください↓

【大阪杯 2017】予想オッズ/キタサンブラックが人気の中心 | 競馬の魅力

「大阪杯 2017」の予想オッズの情報です。大阪杯の予想オッズ・1番人気はキタサンブラック。続く人気はサトノクラウン、マカヒキと予想しています。大阪杯は2017年4月2日(日)、阪神競馬場・芝2000mで開催されます。 【大阪杯 2017】予想オッズ/キタサンブラックが人気の中心 2017年4月2日(日) | 2回阪神4日 | 15:40 発走 第61回 大阪杯(GI)芝・右 2000m …

日程・賞金

第61回 大阪杯(Osaka Hai)
2017年4月2日(日)阪神競馬場
格:G1 1着本賞金:12,000万円
年齢:4歳以上 距離:2,000m(芝・右)

昨年の大阪杯をプレイバック

2016年の大阪杯を制したのは「アンビシャス」。2番手から抜け出す新スタイルで重賞2勝目を飾り、春のG1路線に名乗りを上げた。

2016年4月3日(日)大阪杯(GII)
1着:アンビシャス 牡4 横山 典弘 1.59.3
2着:キタサンブラック 牡4 武 豊 1.59.3 クビ
3着:ショウナンパンドラ 牝5 池添 謙一 1.59.5 1-1/4馬身
4着:ラブリーデイ 牡6 M.デムーロ 1.59.7 1-1/2馬身
5着:イスラボニータ 牡5 蛯名 正義 1.59.9 1馬身

【産経大阪杯 2016】動画・結果/アンビシャスが豪華メンバーの一戦を制する

「産経大阪杯 2016」の動画・結果です。産経大阪杯の結果は1着:アンビシャス、2着:キタサンブラック、3着:ショウナンパンドラ。「アンビシャス」が勝利した産経大阪杯の詳しい結果、動画をご覧ください。