スポンサーリンク

2017年2月26日に中山競馬場で行われる各方面からメンバーが集うG2戦「中山記念」。2017年で第91回を迎える。昨年はドゥラメンテが骨折からの復帰戦を勝利で飾った。2017年はどの馬が勝利するのか。出走予定馬・予想オッズ・賞金・日程・昨年の結果などをチェックしてみよう。

中山記念 2017】動画&結果/ネオリアリズム&デムーロコンビがG1馬を倒す

スポンサーリンク

2017年・中山記念

結果&動画
2017年の中山記念を制したのは「ネオリアリズム(Neorealism)」。絶好調のデムーロ騎手とのコンビでG1馬相手に快勝した。
結果や動画はこちらの記事をご覧ください↓

【中山記念 2017】動画・結果/ネオリアリズムが抜け出し重賞2勝目を挙げる | 競馬の魅力

「中山記念 2017」の動画・結果です。中山記念の結果は1着:ネオリアリズム、2着:サクラアンプルール、3着:ロゴタイプ。「ネオリアリズム」が勝利した2017年の中山記念の詳しい結果、動画をご覧ください。

データ・枠順
2017年・中山記念のデータ・枠順に関する記事を公開しました。データは枠順別や年齢別、脚質別成績のものを掲載しています。
こちらの記事をご覧ください↓

【中山記念 2017】データ・枠順/データから見える好走馬は | 競馬の魅力

「中山記念 2017」の枠順、データの情報です。中山記念のデータは枠順別や脚質別、年齢別成績のものを掲載しています。中山記念は2017年2月26日(日)、中山競馬場・芝1800mで開催されます。

出走予定馬・有力馬候補

2017年の中山記念候補をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

・リアルスティール(Real Steel) 58.0kg

リアルスティール・5歳牡馬
父:ディープインパクト
母:ラヴズオンリーミー
母父:Storm Cat
主な勝鞍:2016年・ドバイターフ
馬名の由来:アメリカのSFアクション映画名

2016年の中山記念はドゥラメンテとアンビシャスに敗れ3着に敗れたが、その後にドバイの地でG1制覇したり、天皇賞秋で2着に入るなど活躍を見せた。ドバイへ気持ちよくいくためにここできっちり結果を残したい。

・アンビシャス(Ambitious) 57.0kg

アンビシャス・5歳牡馬
父:ディープインパクト
母:カーニバルソング
母父:エルコンドルパサー
主な勝鞍:2016年・大阪杯
馬名の由来:大望のある

まだG1にこそ手が届いていないものの中距離トップクラスの実力の持ち主。ドゥラメンテやキタサンブラックらとしのぎを削りあってきた。今年こそG1タイトルがほしい。

・ロゴタイプ(Logotype) 58.0kg

ロゴタイプ・7歳牡馬
父:ローエングリン
母:ステレオタイプ
母父:サンデーサイレンス
主な勝鞍:2016年・安田記念
馬名の由来:文字を組み合わせて個性的な書体に図案化したもの

8番人気で制した安田記念の後も天皇賞秋、香港マイルでも5着に健闘。復活の年となった。2017年も前年と同じ中山記念から復帰する予定。また軽視すると痛い目にあうぞ。

・ヴィブロス(Vivlos) 54.0kg

ヴィブロス・4歳牝馬
父:ディープインパクト
母:ハルーワスウィート
母父:Machiavellian
主な勝鞍:2016年・秋華賞
馬名の由来:ギリシャの地名より

3番人気で挑んだ秋華賞では、上り最速の脚で差し切り重賞初制覇がうれしいG1初制覇となった。その後はじっくり休養に入り、中山記念へ挑んでくる。この後はドバイ遠征が決定しており、ここでしっかり結果を残し遠征したいところ。勢いのある牝馬は怖いぞ。

・ヌーヴォレコルト(Nuovo Record) 54.0kg

ヌーヴォレコルト・6歳牝馬
父:ハーツクライ
母:オメガスピリット
母父:スピニングワールド
主な勝鞍:2014年・オークス
馬名の由来:新記録(伊)より

2015年の中山記念勝ち馬。昨年は積極的に海外に遠征し、アメリカではG3・レッドカーペットHを制した。他にも香港ヴァーズや札幌記念で4着に入るなど衰え知らず。今年も岩田騎手と重賞路線で活躍が期待される。

・ツクバアズマオー(Tsukuba Azuma O) 56.0kg

ツクバアズマオー・6歳牡馬
父:ステイゴールド
母:ニューグランジ
母父:Giant’s Causeway
主な勝鞍:2017年・中山金杯
馬名の由来:冠名+東の王様

中山競馬場得意のツクバアズマオー。全7勝中5勝を中山で挙げている。前走の中山金杯では他馬をねじ伏せるように完勝した。得意舞台で大物食いを狙う。

・ネオリアリズム(Neorealism) 57.0kg

ネオリアリズム・6歳牡馬
父:ネオユニヴァース
母:トキオリアリティー
母父:Meadowlake
主な勝鞍:2016年・札幌記念
馬名の由来:新現実主義。父、母名より連想

昨年の札幌記念ではモーリスに勝利した。その後のマイルCSでも3着に健闘するなど充実した年を過ごした。ここでもG1馬を相手に激走を見せる。

他にも

  • カオスモス 56.0kg
  • クリールカイザー 56.0kg
  • サクラアンプルール 56.0kg
  • ヒラボクディープ 56.0kg
  • マイネルミラノ 56.0kg

が出走予定です。

・主な回避馬
・マルターズアポジー(Maltese Apogee)

中山記念を回避し、小倉大賞典に参戦

マルターズアポジー・5歳牡馬
父:ゴスホークケン
母:マルターズヒート
母父:Old Trieste
主な勝鞍:2017年・小倉大賞典
馬名の由来:冠名+最高点

・ディサイファ(Decipher)

登録なし。オーストラリアG1に登録あり。

ディサイファ・8歳牡馬
父:ディープインパクト
母:ミズナ
母父:Dubai Millennium
主な勝鞍:2015年・札幌記念
馬名の由来:解読する

出走予定馬・想定騎手
2017年・中山記念の出走予定馬・想定騎手に関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや参考レース・追い切りタイムも書いております。
こちらの記事をご覧ください↓

【中山記念 2017】出走予定馬・想定騎手/豪華メンバーの楽しみな共演 | 競馬の魅力

「中山記念 2017」の出走予定馬・想定騎手の情報です。中山記念の出走登録は12頭。リアルスティールやアンビシャスなどが出走予定です。中山記念は2017年2月26日(日)、中山競馬場・芝1800mで開催されます。

スポンサーリンク

予想オッズ

予想オッズ(カッコ内はオッズ)

  1. アンビシャス(2.5)
  2. リアルスティール(3.0)
  3. ツクバアズマオー(6.0)
  4. ネオリアリズム(8.0)
  5. ロゴタイプ(11.0)
  6. ヴィブロス(15.0)
  7. ヌーヴォレコルト(20.0)
  8. マイネルミラノ(☆)
  9. サクラアンプルール(☆)
  10. クリールカイザー(☆)
  11. ヒラボクディープ(☆)

☆印は50倍以上と予想

予想オッズ
2017年・中山記念の予想オッズに関する記事を公開しました。記事には人気別データやオッズデータも書いております。
こちらの記事をご覧ください↓

【中山記念 2017】予想オッズ/G1馬を抑えてアンビシャスが人気と予想 | 競馬の魅力

「中山記念 2017」の予想オッズの情報です。中山記念の予想オッズ・1番人気はアンビシャス。続く人気はリアルスティール、ツクバアズマオーと予想しています。中山記念は2017年2月26日(日)、中山競馬場・芝1800mで開催されます。

日程・賞金

第91回 中山記念(Nakayama Kinen)
2017年2月26日(日)中山競馬場
格:G2 1着本賞金:6,200万円
年齢:4歳以上 距離:1,800m(芝・右)

中山記念は創設当時は芝3200mで施行されていたり、年2回開催されていたころもあった。現在の1800mに変更されたのは1957年。2017年からは1着馬に大阪杯への優先出走権が与えられる。

過去の勝ち馬にはサクラローレルやサイレンススズカ、ヴィクトワールピサなどの思い出深い馬や、近年ではジャスタウェイ、ヌーヴォレコルト、ドゥラメンテといった海外でも活躍したG1馬が勝ち馬に名を連ねる。

2016年の中山記念をプレイバック

2016年2月28日(日)中山記念 (GII)
1着 ドゥラメンテ 牡4 M.デムーロ 1.45.9
2着 アンビシャス 牡4 C.ルメール 1.45.9 クビ
3着 リアルスティール 牡4 福永 祐一 1.46.0 1/2馬身
4着 フルーキー 牡6 戸崎 圭太 1.46.3 1-3/4馬身
5着 レッドレイヴン 牡6 柴田 善臣 1.46.3 ハナ

【中山記念 2016】動画・結果/2冠馬・ドゥラメンテが復帰戦を勝利で飾る | 競馬の魅力

「中山記念 2016」の動画・結果です。中山記念の結果は1着:ドゥラメンテ、2着:アンビシャス、3着:リアルスティール。「ドゥラメンテ」が勝利した中山記念の詳しい結果、動画をご覧ください。 【 中山記念 2016 】動画・結果/2冠馬・ドゥラメンテが復帰戦を勝利で飾る 2016年2月28日(日) | 2回中山2日 | 15:45 発走 第90回 中山記念(GII)芝・右 1800m Nakayama Kinen (G2)