スポンサーリンク

2017年2月19日に東京競馬場で行われるダートマイルG1「フェブラリーステークス」。フェブラリーステークスは2017年で第34回を迎え、スピード自慢が集結する。2017年はゴールドドリームが接戦を制した。動画・結果・出走予定馬・予想オッズ・賞金・日程などをチェックしてみよう。

フェブラリーステークス 2017】動画&結果/ゴールドドリームが新ダート王を襲名

スポンサーリンク

2017年・フェブラリーステークス

結果&動画
2017年のフェブラリーステークスを制したのは「ゴールドドリーム(Gold Dream)」。ベストウォーリアとの接戦を制し、G1初制覇を果たした。
結果や動画はこちらの記事をご覧ください↓

【フェブラリーステークス 2017】動画・結果/ゴールドドリームが抜け出しG1初制覇 | 競馬の魅力

「フェブラリーステークス 2017」の動画・結果です。フェブラリーステークスの結果は1着:ゴールドドリーム、2着:ベストウォーリア、3着:カフジテイク。「ゴールドドリーム」が勝利した2017年のフェブラリーSの詳しい結果、動画をご覧ください。

【フェブラリーS 2017】パトロールビデオ・レース後のコメント/デムーロ「集中さえ出来れば負けない」 | 競馬の魅力

「フェブラリーステークス 2017」のパトロールビデオ・レース後のコメントです。フェブラリーステークスの勝ち馬は2番人気のゴールドドリーム、勝利騎手はM.デムーロ騎手、勝ちタイムは1:35.1でした。 …

データ・枠順
2017年・フェブラリーステークスのデータ・枠順に関する記事を公開しました。データは枠順別や年齢別、前走のクラス別成績のものを掲載しています。
こちらの記事をご覧ください↓

【フェブラリーステークス 2017】データ・枠順/データから見えてくるダート王は | 競馬の魅力

「フェブラリーステークス 2017」の枠順、データの情報です。フェブラリーステークスのデータは枠順別や脚質別、年齢別成績のものを掲載しています。フェブラリーSは2017年2月19日(日)、東京競馬場・ダート1600mで開催されます。…

出走予定馬・有力馬候補

2017年のフェブラリーステークス候補をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

・モーニン(Moanin) 57.0kg

モーニン・5歳牡馬
父:ヘニーヒューズ
母:Giggly
母父:Distorted Humor
主な勝鞍:2016年・フェブラリーS
馬名の由来:ジャズの曲名

前年のフェブラリーステークス覇者。ただ、その後の成績は芳しくない。なんとか復活のきっかけをつかんでほしい。

・コパノリッキー(Copano Rickey) 57.0kg

コパノリッキー・7歳牡馬
父:ゴールドアリュール
母:コパノニキータ
母父:ティンバーカントリー
主な勝鞍:2016年・帝王賞
馬名の由来:冠名+人名より

3連覇を狙った昨年のフェブラリーステークスでは7着に敗れたが、その後のG1戦で3連勝するなどまだまだ力は衰えていない。3度目のフェブラリーステークス制覇の偉業なるか。鞍上は再び武豊騎手とコンビ結成予定。

・ノンコノユメ(Nonkono Yume) 57.0kg

ノンコノユメ・5歳せん馬
父:トワイニング
母:ノンコ
母父:アグネスタキオン
主な勝鞍:2015年・ジャパンダートダービー
馬名の由来:ノンコの夢。母名より連想

せん馬になってからの3戦はいまいちの成績。なかなか成績が上がってこない。東京マイル戦は【4-1-1-0】と相性のいいコース。久々の勝利の美酒なるか。

・カフジテイク(Kafuji Take) 57.0kg

カフジテイク・5歳牡馬
父:プリサイスエンド
母:テイクザケイク
母父:スキャン
主な勝鞍:2017年・根岸S
馬名の由来:冠名+母名の一部

根岸ステークスで魅せたキレッキレの末脚は破壊力大。東京コース、距離ともに問題なし。レースが流れれば最後は飛んでくるはずだ。

・サウンドトゥルー(Sound True) 57.0kg

サウンドトゥルー・7歳せん馬
父:フレンチデピュティ
母:キョウエイトルース
母父:フジキセキ
主な勝鞍:2016年・チャンピオンズC
馬名の由来:本当らしい、本物らしい

昨年の最優秀ダートホースのサウンドトゥルーが参戦を決めた。チャンピオンズカップ制覇後は東京大賞典3着、川崎記念2着と歯がゆい結果が続いている。マイル実績が乏しいところが悩ましいところだ。

・ベストウォーリア(Best Warrior) 57.0kg

ベストウォーリア・7歳牡馬
父:Majestic Warrior
母:Flirtatious Miss
母父:Mr. Greeley
主な勝鞍:2015年・MCS南部杯
馬名の由来:最高の戦士

昨年は勝ち星ゼロもG1で2着2回、3着1回と安定感ある走りを見せてくれた。展開が向けば一気に突き抜けてくれそうだ。

・アスカノロマン(Asukano Roman) 57.0kg

アスカノロマン・6歳牡馬
父:アグネスデジタル
母:アスカノヒミコ
母父:タバスコキャット
主な勝鞍:2016年・東海S
馬名の由来:冠名+ロマン

昨年はフェブラリーS、チャンピオンズCで3着に入るなど大一番で結果を出した。好走と大敗がはっきりしたタイプなので状態を見極めたい。

・デニムアンドルビー(Denim and Ruby) 55.0kg

デニムアンドルビー・7歳牝馬
父:ディープインパクト
母:ベネンシアドール
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2013年・ローズS
馬名の由来:活発でお洒落なお嬢さんをイメージして

デニムアンドルビーが初のダート戦に挑戦する。近親にはトゥザヴィクトリー(ドバイWC・2着)やビーポジティブ(クイーン賞・優勝)などダートでも活躍した馬がいる血統。いきなりのG1挑戦はハードルが高い気がするが、どのような走りをするか注目したい。

・ホワイトフーガ(White Fugue) 55.0kg

ホワイトフーガ・5歳牝馬
父:クロフネ
母:マリーンウィナー
母父:フジキセキ
主な勝鞍:2016年・JBCレディスC
馬名の由来:芦毛より+遁走曲

・ゴールドドリーム(Gold Dream) 57.0kg

ゴールドドリーム・4歳牡馬
父:ゴールドアリュール
母:モンヴェール
母父:フレンチデピュティ
主な勝鞍:2016年・ユニコーンS
馬名の由来:金の夢

他にも2017年のフェブラリーステークスには

  • ケイティブレイブ 57.0kg
  • インカンテーション 57.0kg
  • ニシケンモノノフ 57.0kg
  • レッツゴードンキ 55.0kg
  • キングズガード 57.0kg
  • ブライトライン 57.0kg
  • ピオネロ 57.0kg
  • エイシンバッケン 57.0kg
  • サウンドスカイ 57.0kg
  • モルトベーネ 57.0kg
  • チャーリーブレイヴ 57.0kg
  • ソルティコメント 57.0kg
  • ブラゾンドゥリス 57.0kg
  • カゼノコ 57.0kg
  • メイショウウタゲ 57.0kg
  • スーサンジョイ 57.0kg

が出走登録をしています。

主な回避馬

・アウォーディー(Awardee)

ドバイワールドカップ挑戦を表明

アウォーディー・7歳牡馬
父:Jungle Pocket
母:Heavenly Romance
母父:Sunday Silence
主な勝鞍:2016年・JBCクラシック
馬名の由来:受賞者

・グレンツェント(Glanzend)

アンタレスSから帝王賞を目標にする

グレンツェント・4歳牡馬
父:ネオユニヴァース
母:ボシンシェ
母父:Kingmambo
主な勝鞍:2017年・東海S
馬名の由来:輝かしい(独)

・ラニ(Lani)

ドバイで前哨戦を使いドバイWC or ゴドルフィンMへ

ラニ・4歳牡馬
父:Tapit
母:Heavenly Romance
母父:Sunday Silence
主な勝鞍:2016年・UAEダービー
馬名の由来:天国、天空(ハワイ語)

出走予定馬・想定騎手
2017年・フェブラリーステークスの出走予定馬・想定騎手に関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや参考レース・追い切りタイムも書いております。
こちらの記事をご覧ください↓

【フェブラリーステークス 2017】出走予定馬・想定騎手/混戦必至のダート王決定戦 | 競馬の魅力

「フェブラリーステークス 2017」の出走予定馬・想定騎手の情報です。フェブラリーステークスの出走登録は26頭。カフジテイクやコパノリッキーなどが出走予定です。フェブラリーSは2017年2月19日(日)、東京競馬場・ダート1600mで開催されます。…

スポンサーリンク

予想オッズ

予想オッズ(カッコ内はオッズ)

  1. カフジテイク(3.5)
  2. ゴールドドリーム(4.5)
  3. ベストウォーリア(5.0)
  4. モーニン(6.0)
  5. ノンコノユメ(8.0)
  6. サウンドトゥルー(9.0)
  7. コパノリッキー(10.0)
  8. アスカノロマン(20.0)
  9. エイシンバッケン(25.0)
  10. ホワイトフーガ(45.0)
  11. ケイティブレイブ(☆)
  12. キングズガード(☆)
  13. デニムアンドルビー(☆)
  14. ニシケンモノノフ(☆)
  15. インカンテーション(☆)
  16. ブライトライン(☆)

☆印は50倍以上と予想

予想オッズ
2017年・フェブラリーステークスの予想オッズに関する記事を公開しました。記事には人気別データやオッズデータも書いております。
こちらの記事をご覧ください↓

【フェブラリーステークス 2017】予想オッズ/オッズは混迷模様 | 競馬の魅力

「フェブラリーステークス 2017」の予想オッズの情報です。フェブラリーステークスの予想オッズ・1番人気はカフジテイク。続く人気はゴールドドリーム、ベストウォーリアと予想しています。フェブラリーSは2017年2月19日(日)、東京競馬場・ダート1600mで開催されます。

日程・賞金

第34回 フェブラリーステークス(February Stakes)
2017年2月19日(日)東京競馬場
格:G1 1着本賞金:9,700万円
年齢:4歳以上 距離:1,600m(ダート・左)

2016年のフェブラリーステークスをプレイバック

2016年のフェブラリーステークスはモーニン&M.デムーロのコンビがレコードタイムで勝利を飾った。

2016年2月21日(日)フェブラリーステークス(GI)
1着:モーニン 牡4 M.デムーロ 1.34.0
2着:ノンコノユメ 牡4 C.ルメール 1.34.2 1-1/4馬身
3着:アスカノロマン 牡5 太宰 啓介 1.34.2 アタマ
4着:ベストウォーリア 牡6 戸崎 圭太 1.34.2 アタマ
5着:ロワジャルダン 牡5 横山 典弘 1.34.3 クビ

フェブラリーステークス 2016 モーニン 動画・結果

「フェブラリーステークス 2016」の動画・結果です。「フェブラリーステークス 2016」の結果は1着:モーニン、2着:ノンコノユメ、3着:アスカノロマン。「モーニン」が勝利したフェブラリーステークスの詳しい結果、動画をご覧ください。…

フェブラリーステークス 2016 パトロールビデオ・レース後のコメント

「フェブラリーステークス 2016」のパトロールビデオ・レース後のコメントです。フェブラリーステークスの勝ち馬はモーニン、勝利騎手はM.デムーロ騎手、勝ちタイムは1:34.0のレコードタイムでした。…