スポンサーリンク

2017年3月25日にドバイ・メイダン競馬場で行われる芝の高額賞金レース「ドバイシーマクラシック」。ドバイシーマクラシックは2017年で第20回を迎え、海外の強豪が集う。2017年はサウンズオブアースが挑戦する。昨年はポストポンドが制した。動画・結果・出走予定馬・オッズ・日程・賞金などをチェックしてみよう。

ドバイシーマクラシック 2017】動画&結果/サウンズオブアースは世界の壁に跳ね返され6着に敗れる

2017年・ドバイシーマクラシック

結果&動画
2017年のドバイシーマクラシックを制したのは「ジャックホブス(Jack Hobbs)」。直線では余裕をもって抜け出し優勝。日本から参戦したサウンズオブアースは6着だった。
結果や動画はこちらの記事をご覧ください↓

【ドバイシーマクラシック 2017】動画・結果/ジャックホブスが圧勝・サウンズオブアースは6着 | 競馬の魅力

「ドバイシーマクラシック 2017」の動画・結果です。ドバイで行われたドバイシーマクラシックの結果は1着:Jack Hobbs(ジャックホブス)、2着:Seventh Heaven、3着:Postponed。日本から参戦したサウンズオブアースは6着でした。「ジャックホブス」が勝利した2017年のドバイシーマクラシックの動画・詳細をご覧ください。 【ドバイシーマクラシック 2017】動画・結果/ジャックホブスが圧勝・サウンズオブアースは6着 ドバイシーマクラシック(Dubai Sheema Classic)

出走予定馬・有力馬候補

2017年のドバイシーマクラシック候補をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

日本馬

・サウンズオブアース(Sounds of Earth)

藤岡調教師(最終調整を終えて)
「自分が乗った感触は良かったし体調はいい。気持ちがしっかりとしていて元気いっぱい」

サウンズオブアース・6歳牡馬
父:ネオユニヴァース
母:ファーストバイオリン
母父:Dixieland Band
主な勝鞍:2014年・はなみずき賞
馬名の由来:地球のサウンド

G1で3度の2着を含む重賞7回の2着の経験がある「最強の2勝馬」の異名を持つサウンズオブアース。昨年も日経賞とジャパンカップで2着に入った。もう、2着はいらない。初の海外遠征となるドバイシーマクラシックでG1制覇の離れ業を見てみたい。

外国馬

・ポストポンド(Postponed)

ヴェリアン師
「前走は100%の状態ではなかったし、包まれる不利もあった。今回は良くなっているし、勝った昨年と似た状態にある。」

ポストポンド・6歳牡馬
父:Dubawi
母:Ever Rigg
母父:Dubai Destination

主な勝鞍:2016年・英インターナショナルS

前年のドバイシーマクラシック覇者のポストポンドが今年も出走を予定している。昨年は日本代表のドゥラメンテらを相手に2馬身差の完勝。その後もコロネーションカップや英インターナショナルステークスなど欧州のG1を制している。今年も手ごわい相手になる。

・ハイランドリール(Highland Reel)

ハイランドリール・5歳牡馬
父:Galileo
母:Hveger
母父:Danehill

主な勝鞍:2016年・BCターフ

前年のドバイシーマクラシックでは4着だったが、その後キングジョージ、ブリーダーズカップターフといったビッグタイトルを手にしたハイランドリール。出走してこれば日本馬にとって大いに脅威となる。

・プライズマネー(Prize Money)

ビン・スルール師
「安定して走れる馬。前走でポストポンドを破ったことは事実だ。状態もいい。」

プライズマネー・4歳せん馬
父:Authorized
母:Dresden Doll
母父:Elusive Quality

主な勝鞍:2017年・ドバイシティーオブゴールド

ドバイシーマクラシックの前哨戦にあたるドバイシティーオブゴールドを制したプライズマネー。それもポストポンド相手に勝利を収めた。ビッグレースでの実績はないが、怖いライバルの一頭となりそうだ。

・セブンスヘブン(Seventh Heaven)

セブンスヘブン・4歳牝馬
父:Galileo
母:La Traviata
母父:Johannesburg

主な勝鞍:2016年・ヨークシャーオークス

・ジャックホブス(Jack Hobbs)

ビュイック騎手
「強い馬が多いが、自分の走りをできれば、大いにチャンスはあると思う。ブリンカー効果もありそう。」

ジャックホブス・5歳牡馬
父:Halling
母:Swain’s Gold
母父:Swain

主な勝鞍:2015年・愛ダービー

主な回避馬

・サトノクラウン(Satono Crown)

大阪杯へ

サトノクラウン・5歳牡馬
父:Marju
母:ジョコンダ2
母父:Rossini
主な勝鞍:2016年・香港ヴァーズ
馬名の由来:冠名+王冠

枠順・テレビ放送・馬券
2017年・ドバイシーマクラシックの枠順・テレビ放送・馬券に関する記事を公開しました。
こちらの記事をご覧ください↓

【ドバイシーマクラシック 2017】枠順・テレビ放送・馬券/サウンズオブアースが世界に挑む
「ドバイシーマクラシック 2017」の枠順、放送、馬券の情報です。ドバイシーマクラシックには日本からサウンズオブアースが参戦します。ドバイシーマクラシックは2017年3月25日(土)、ドバイ・メイダン競馬場・芝2410mで開催されます。

ドバイシーマクラシック・前哨戦

ドバイシティーオブゴールド(Dubai City Of Gold)
2017年3月4日、ドバイ・メイダン競馬場
芝2410m、G2、10頭

1着:Prize Money(プライズマネー)(2.29.33) 騎手:Adrie de Vries

【ドバイシティーオブゴールド 2017】動画・結果/プライズマネーが優勝・ポストポンドは2着に敗れる | 競馬の魅力

「ドバイシティーオブゴールド 2017」の動画・結果です。ドバイで行われたドバイシティーオブゴールドの結果は1着:Prize Money(プライズマネー)、2着:Postponed、3着:Emotionless。「プライズマネー」が勝利した2017年のドバイシティーオブゴールドの動画・詳細をご覧ください。…

オッズ

  • Postponed(3.0)
  • Highland Reel(5.0)
  • Jack Hobbs(5.5)
  • Prize Money(7.0)
  • Seventh Heaven(7.0)
  • Sounds Of Earth(13.0)
  • Chopin(17.0)
  • Earnshaw(26.0)

(2017年3月19日現在・William Hill参照)

人気は昨年の覇者・ポストポンド。その後はハイランドリールやジャックホブスなどの実績馬。サウンズオブアースはさほど高い評価を受けていない。

日程・賞金

第20回 ドバイシーマクラシック
2017年3月25日 ドバイ・メイダン競馬場
格:G1 1着賞金:3,600,000米ドル(約4億円)
年齢:北半球産馬4歳以上・南半球産馬3歳以上 距離:2,410m(芝・左)

2016年のドバイシーマクラシックをプレイバック

勝ったのはポストポンド。ドゥラメンテはレース前に右前脚の落鉄。蹄鉄を打ち直すことができず裸足で走って2着に敗れた。

2016年3月26日 ドバイシーマクラシック(Dubai Sheema Classic)

1着:Postponed(ポストポンド)(2.27.02) 騎手:Andrea Atzeni
2着:Duramente(2馬身)
3着:Last Impact (1-1/2馬身)
4着:Highland Reel(3/4馬身)
5着:One and Only(1馬身)

【ドバイシーマクラシック 2016】動画・結果/ポストポンドが優勝・ドゥラメンテは右前脚の落鉄の影響か2着に敗れる

「ドバイシーマクラシック 2016」の動画・結果です。ドバイシーマクラシックの結果は1着:Postponed(ポストポンド)、2着:Duramente、3着:Last Impact。「ポストポンド」が勝利したドバイシーマクラシックの詳しい結果、動画をご覧ください。