スポンサーリンク

ジャパンダートダービー 2016

2017年7月12日に大井競馬場で行われる三歳ダート王を決める一戦「ジャパンダートダービー」。ジャパンダートダービーは2017年で第19回を迎え、中央・地方から頂点を目指し集結する。昨年はキョウエイギアが制した。動画・結果・出走予定馬・賞金・日程などをチェックしてみよう。

スポンサーリンク

動画・結果

2017年の”ジャパンダートダービーを制したのは「ヒガシウィルウィン(Higashi Will Win)」。地方所属馬の勝利は7年ぶりだった。主戦の森泰斗騎手がケガのために乗れず、今回初めてコンビを組んだ本田正重騎手がみごとに大役をはたした。

動画・結果

ジャパンダートダービー 2017 ヒガシウィルウィン

【ジャパンダートダービー 2017】動画・結果/ヒガシウィルウィンが接戦を制する

「ジャパンダートダービー 2017」の動画・結果です。JDDの結果は1着:ヒガシウィルウィン、2着:サンライズソア、3着:タガノディグオ。「ヒガシウィルウィン」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

枠順・予想オッズ

・枠順発表

ジャパンダートダービー 2017 枠順

ジャパンダートダービーの枠順が発表されました。
人気が予想されるサンライズノヴァは7枠12番、兵庫チャンピオンシップを制したタガノディグオは3枠3番、東京ダービーを制したヒガシウィルウィンは3枠4番に入った。

枠順・予想オッズ

サンライズノヴァ

【ジャパンダートダービー 2017】枠順・予想オッズ/若きダート王の座をかけて

「ジャパンダートダービー 2017」の枠順・予想オッズの情報です。JDDにはサンライズノヴァやタガノディグオなどが出走を予定しています。若きダート王の栄冠を手にするのは?

スポンサーリンク

出走予定馬・有力馬候補

2017年のジャパンダートダービー候補をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

・サンライズノヴァ(Sunrise Nova)

サンライズノヴァ

サンライズノヴァ・3歳牡馬
父:ゴールドアリュール
母:ブライトサファイヤ
母父:サンダーガルチ
主な勝鞍:2017年・ユニコーンS
馬名の由来:冠名+新星

前走のユニコーンステークスでは後続に4馬身の差をつけ圧勝した。上がりタイムも他の馬とはケタ違いの脚だった。
父ゴールドアリュールや母母父のリアルシャダイなどを見ても距離が延びても対応できそう。連勝で三歳馬の頂点を目指す。

・タガノディグオ(Tagano Diguo)

兵庫チャンピオンシップ 2017 タガノディグオ

タガノディグオ・3歳牡馬
父:エンパイアメーカー
母:タガノティアーズ
母父:タニノギムレット
主な勝鞍:2017年・兵庫CS
馬名の由来:冠名+帝国(中国語)

ここまでダートでは9戦してすべて3着以内と安定した成績を残している。サンライズノヴァとは3歳500万戦で半馬身差の2着に敗れているが、上がり最速はタガノディグオのほうだった。距離が延びて逆転は十分にあり得る。

・サンライズソア(Sunrise Soar)

青竜ステークス 2017 サンライズソア

サンライズソア・3歳牡馬
父:シンボリクリスエス
母:アメーリア
母父:スペシャルウィーク
主な勝鞍:2017年・青竜S
馬名の由来:冠名+急上昇

ダート戦に限れば3戦2勝・3着1回と堅実。近親にはマーチステークスで3着に入ったマスクトヒーローがおり、父シンボリクリスエスも長い距離を得意とした。川田騎手への乗り替わりが発表されており、新パートナーと重賞初制覇を狙う。

・リゾネーター(Resonator)

リゾネーター

リゾネーター・3歳牡馬
父:Blame
母:Bluegrass Sara
母父:タバスコキャット
主な勝鞍:2017年・伏竜S
馬名の由来:ブルーグラス・ミュージックの代表楽器名。母名より連想

三連勝の勢いで挑んだ兵庫チャンピオンシップでは1.4倍の断然人気を裏切り4着に破れた。
二度目の交流重賞戦。次こそは。

・ローズプリンスダム(Rose Princedom)

鳳雛ステークス 2017 ローズプリンスダム

ローズプリンスダム・3歳牡馬
父:ロージズインメイ
母:クリスチャンパール
母父:シンボリクリスエス
主な勝鞍:2017年・鳳雛S
馬名の由来:薔薇の王子の地位

前走の鳳雛ステークスでは10番人気と低評価を覆しハナ差の接戦を制した。
1800m戦では成績が安定している。2000m戦となる今回もしぶとい先行力で勝負に出る。

・シゲルコング(Shigeru Kong)

シゲルコング

シゲルコング・3歳牡馬
父:シニスターミニスター
母:ドゥオナー
母父:ダンスインザダーク
主な勝鞍:2016年・オキザリス賞
馬名の由来:冠名+王(デンマーク語)

2歳時は全日本2歳優駿で2着に入るなど活躍していたが、2017年の5戦では兵庫チャンピオンシップの5着が最高着順と不振にあえいでいる。
このメンバーでは厳しい展開が予想される。

・ノーブルサターン(Noble Saturn)

ノーブルサターン

ノーブルサターン・3歳牡馬
父:カジノドライヴ
母:クロスマイハート
母父:スペシャルウィーク
主な勝鞍:2017年・3歳500万円以下
馬名の由来:冠名+土星

兵庫チャンピオンシップで2着に健闘。距離伸びて良さそうなタイプ。

・ヒガシウィルウィン(Higashi Will Win)

東京ダービー 2017 ヒガシウィルウィン

ヒガシウィルウィン・3歳牡馬
父:サウスヴィグラス
母:プリモタイム
母父:ブライアンズタイム
主な勝鞍:2017年・東京ダービー

今年の東京ダービーを6馬身差の圧勝で飾ったヒガシウィルウィン。地方馬の中では最有力の地位。
主戦の森騎手が怪我で本田正重騎手に乗り替わる。
2010年のマグニフィカ以来の地方馬制覇なるか。

前哨戦

2017年5月4日(木)兵庫CS(JpnII)

兵庫チャンピオンシップ 2017 タガノディグオ

1着:タガノディグオ
2着:ノーブルサターン
3着:クイーンマンボ

タイム:2.00.6 馬場:良

【兵庫チャンピオンシップ 2017】動画・結果/タガノディグオが差し切り重賞初制覇

2017年5月14日(日)青竜ステークス

青竜ステークス 2017 サンライズソア

1着:サンライズソア
2着:ハルクンノテソーロ
3着:シゲルベンガルトラ

タイム:1.35.2 馬場:重

2017/05/14 東京10R 青竜S(3歳OP)【サンライズソア】

2017年5月21日(日)鳳雛ステークス

鳳雛ステークス 2017 ローズプリンスダム

1着:ローズプリンスダム
2着:リヴェルディ
3着:ウォーターマーズ

タイム:1.51.9 馬場:良

2017/05/21 京都10R 鳳雛S(3歳OP)【ローズプリンスダム】

2017年6月7日(水)東京ダービー

東京ダービー 2017 ヒガシウィルウィン

1着:ヒガシウィルウィン
2着:キャプテンキング
3着:ブラウンレガート

タイム:2.06.9 馬場:重

【東京ダービー 2017】動画・結果/ヒガシウィルウィンが6馬身の差をつけ圧勝

2017年6月18日(日)ユニコーンS(GIII)

ユニコーンステークス 2017 サンライズノヴァ

1着:サンライズノヴァ
2着:ハルクンノテソーロ
3着:サンライズソア

タイム:1.35.9 馬場:良

【ユニコーンステークス 2017】動画・結果/サンライズノヴァが4馬身の差をつけ圧勝

日程・賞金

第19回 ジャパンダートダービー(Japan Dirt Derby)
2017年7月12日(水)大井競馬場
格:Jpn1 1着本賞金:4,500万円
年齢:3歳 距離:2,000m(ダート・右)

昨年のジャパンダートダービーをプレイバック

2016年のジャパンダートダービーはキョウエイギア&戸崎コンビが後続に4馬身差をつけ圧勝した。

2016年7月13日(水)ジャパンダートダービー・Japan Dirt Derby(JpnⅠ)

1着:キョウエイギア
2着:ケイティブレイブ(4馬身)
3着:ゴールドドリーム(1-3/4馬身)
4着:バルダッサーレ(1/2馬身)
5着:ダノンフェイス(クビ)

勝ちタイム:2:05:7
勝利騎手:戸崎圭太
馬場:良

2016年・ジャパンダートダービー

ジャパンダートダービー 2016

【ジャパンダートダービー 2016】動画・結果/キョウエイギアが戸崎騎手に導かれ圧勝

「ジャパンダートダービー 2016」の動画・結果です。ジャパンダートダービーの結果は1着:キョウエイギア、2着:ケイティブレイブ、3着:ゴールドドリーム。「キョウエイギア」が勝利した当レースの詳しい結果、動画をご覧ください。